設計

デザインが決定すると筐体設計を行ないます。
この場合も 開発を正確迅速に行なうため設計開発要件表を作成し お客様からの承認をいただきます。
デザイン同様 設計者もまた、当社独自の開発指針「12BEST要件表」に基づいて設計を行ないます。

試作制作

3DCADデータにより外観模型を制作します。
外観確認のほか量産化や機能性の問題点もチェックし 必要に応じて設計変更も可能です。(開発要件の見直しの場合 別途費用が発生します)

モックアップのほかに、機能・性能操作性等を確認するためのワーキングモック(実働模型)の制作も行います。
弊社ではこのどちらにも迅速正確に対応することができます。 特に我々がデザイン設計を受託させていただいたお仕事に付帯するモックアップ製作に関しましては低価格で製作が可能です。
(当社の中国スタジオが担当します。どうぞ開発コストを低減してください。)